2013年04月05日

日本交通公社視察対応

2013年3月26日、公益財団法人日本交通公社の職員2名が、田辺市熊野ツーリズムビューローの海外向けプロモーションの概要と、外国人観光客の受け入れ体制の視察に訪れました。

2013.03.26-jtb-meeting.jpg

公益財団日本交通公社は、旅行・観光分野を専門とし、自主研究や自主事業、旅行者や観光地の動向に関するデータの収集・分析などを行う調査研究機関です。
プロモーション事業部長のブラッド・トウルが、2012年10月にオーストラリアで開催された「第20回グローバル・エコ・アジア太平洋観光会議」に出席した際、今回視察に訪れた日本交通公社の担当者と意見交換を行ったことがきっかけで、当地に興味を持っていただいたようです。

訪問前に、現場で起きた変化や進化に関する具体的なエピソードをできるだけ多く集めて帰り、外国人旅行者受け入れのノウハウにとどまらない、地域主体の観光振興の在り方や、100年先を見据えた持続可能な観光地づくりのヒントとなるものを見つけたいと意気込みを語っていた一行は、プロモーション事業部長のブラッド・トウルを取材した後、外国人観光客受け入れ態勢強化の一環として当ビューローが地域の事業者向けに実施したワークショップを機に、外国人旅行者の積極的な受け入れを開始した宿泊施設に聞き取りを行った他、世界文化遺産登録の核心地域である田辺市本宮町を訪れ、当ビューロー発足後の客層の変化や、観光事業者や地域の人々の受け入れ態勢の変化などについて、世界遺産熊野本宮館の館長に取材を行いました。

視察を終えた日本交通公社の方からは、日本各地のインバウンドの取り組みに大変参考になるものだった、ビューローと地域のみなさんの関係が素晴らしい、と大変ありがたいお褒めのお言葉をいただきました。
これまで意識を共有して取り組んでいただいた地域や行政の皆さまのお蔭だと感謝するとともに、今後も新規事業の着地型旅行業などを通じ、さらに地域に貢献できるよう尽力して参りたいと考えております。


posted by ビューロースタッフ at 13:48| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

阿寒観光協会視察対応

2013年3月25日、北海道釧路市より、阿寒観光協会の方2名が田辺市熊野ツーリズムビューローの視察に訪れました。

2013.03.25-akan.JPG

当ビューローから、田辺市の観光やビューローの活動状況、特にインバウンド事業について説明を行った他、阿寒観光協会の方々からは、今後海外の旅行者を呼び込むための取り組みや、地域・行政との連携、広域連携などについて質問が出され、活発な意見交換の場となりました。

その後、湯の峰温泉の民宿で一泊した一行は、外国人旅行者対応について聞き取りを行い、語り部のご案内による発心門王子〜熊野本宮大社間の熊野古道ウォークを体験した他、田辺市街地においても、外国人旅行者の受け入れに積極的な飲食店を訪問し、非常に充実した視察になったとの感想を寄せていただきました。

当ビューローでは、今後も積極的にこのような視察を受入れ、他府県・他市町村の状況をお伺いする中で、今後の活動に役立てていきたいと考えています。

posted by ビューロースタッフ at 18:09| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

土曜講座「KUMANOを世界へ 〜持続可能な観光地を目指して〜」に講師として参加

2013年3月16日、田辺市熊野ツーリズムビューローのプロモーション事業部長 ブラッド・トウルが、田辺市文化交流センター・たなべるで開催されたたなべ土曜講座の講師を務めました。

2013.03.16-tanaberu-talk.jpg

たなべ土曜講座は、「地域活性と人財(※人材の造語)」をテーマに、市内や県内外で地域づくりや地域の活性化の為に活躍している人物を講師に招き、地域への愛着や地域づくりへの情熱などを学び、参加者一人ひとりにとっての地域づくりを考えてもらえるよう、市民向けに開催された連続講座です。

ブラッド・トウルは、「KUMANOを世界へ 〜持続可能な観光地を目指して〜」をテーマに、自身が和歌山県田辺市で観光プロモーションに関わることになった経緯や、熊野三山熊野古道を含む世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の概要とその魅力、田辺市熊野ツーリズムビューローの世界に開かれた持続可能な観光地づくりのための取り組み等について、2時間の講義と質疑応答を行いました。

参加者の方からは、素晴らしい内容だった、講師の田辺・熊野を思うスピリットに触れ、いい時間を共有できた、などと大変うれしい感想をいただきました。
持続可能な観光地づくりのためには、地域住民の参加が欠かせません。
地域の人々に自分たちの地域資源についてさらに理解を深めていただき、意識を共有できる機会をいただけたことを、心より感謝しております。


posted by ビューロースタッフ at 17:17| シンポジウム・研究会・講演会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事