2013年06月28日

公益財団法人 日本交通公社「観光基礎講座+(プラス)」に講師として参加

2013年6月27日(木)〜6月28日(金)、公益財団法人日本交通公社の主催で、観光・地域振興に携わる自治体職員を主な対象に、基礎的知識に加え実践に応用できる知恵をプラスする講座「観光基礎講座+(プラス)」が実施されました。

2013.06.27-Workshop-2.JPG

2日間の講座では、田辺市熊野ツーリズムビューローのプロモーション事業部長、ブラッド・トウルがメイン講師を務め、『地域主体の観光に取り組むための、考え方と進め方 〜進化する田辺市熊野ツーリズムビューローに学ぶ意識改革と着地型観光〜』と題し、世界に開かれた持続可能な観光地を目指し、田辺市や地域の方々と連携して、ハード・ソフト両面の整備を含む現地のレベルアップや、世界遺産熊野古道の保存・保全のための観光施策などを行ってきた当ビューローの取り組みについて講義で紹介した後、ワークショップやディスカッションなどを通じて参加者と意識を共有しました。

北海道から沖縄まで、全国から参加した20名の参加者は、特にインターネット予約サイト『熊野トラベル』を含む着地型旅行業の取り組みに興味を示し、貴重なお話を伺うことができたとうれしい感想をいただきました。私達の経験が、少しでも参加者の方々のお役に立てたなら幸いです。
この度の講座を主催してくださった公益財団法人 日本交通公社と、各参加者の皆様に、心から御礼を申し上げます。

posted by ビューロースタッフ at 00:00| シンポジウム・研究会・講演会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

「Wakayama Food and World Heritage Seminar」に参加 

2013年5月7日、オーストラリアで開催されたセミナー「Wakayama Food and World Heritage Seminar」に、田辺市熊野ツーリズムビューローのプロモーション事業部長、ブラッド・トウルが参加しました。

シドニーのホテルで開催された同セミナーは、和歌山県の世界遺産を中心とする旅行地や食の魅力を広く知ってもらおうと和歌山県が主催したもので、現地の旅行業者やメディア関係者など約100名が参加しました。

2013.05.07-Australia-Kumano.jpg

冒頭で、和歌山県の仁坂知事が世界遺産や食などの和歌山県の多彩な魅力についてスピーチを行った後、当事務局は熊野のプレゼンテーションを担当し、世界遺産・熊野古道や、日本の精神文化の原点であり今も古き良き日本の伝統文化が暮らしの中に息づいている当地の素晴らしさ、良質で多種多様な温泉、山海の幸が楽しめる食、外国人対応実績などを紹介しました。
また高野山のプレゼンテーションでは、真言宗総本山金剛峯寺の僧侶が阿字観のデモンストレーションを披露するなど、参加者には高野・熊野の神秘的な雰囲気を味わっていただけたかと思います。
食の部門では、県内の各参加事業者が、特産の紀州梅や梅酒、発祥の地ならではの醤油、伝統の製法で醸造されたお酢などを紹介し、和歌山県の豊かな食の魅力をアピールしました。

オーストラリアから和歌山県や熊野を訪れる旅行者は劇的に増加しており、今後もさらに多くのオーストラリア旅行者に当地の旅行を楽しんでいただけるよう、効果的な情報発信と魅力ある旅行商品造成に尽力したいと考えています。
posted by ビューロースタッフ at 10:52| シンポジウム・研究会・講演会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

CNN Travelがプレスツアーに参加

2013年4月26日(金)〜27日(土)、和歌山県が招請した CNN Travel の記者が、和歌山県下の田辺市、新宮市、那智勝浦町などを訪問し、和歌山県の随行者とともに、田辺市熊野ツーリズムビューローの欧米担当が現地をアテンドしました。

2013.04.26-CNN.jpg

CNN Travelは、世界の最新ニュースと情報を発信しているCNNの旅行情報サイトです。
プレスツアーでは、世界遺産熊野古道を中心に、滝尻王子などの王子社、高原霧の里、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)を取材した他、日本最古の温泉のひとつである湯の峰温泉や、川底から温泉が湧き出る川湯温泉、また勝浦温泉を訪れました。
また、記者が宿泊した川湯温泉冨士屋の料理や那智勝浦町の生マグロなど食の取材や、地元の人々との触れ合いなど、世界遺産だけではない、和歌山や熊野エリアの多岐に亘る魅力がたくさん詰まった記事になっています。

掲載記事は、CNN Travelの下記URLにてご覧いただけます。
http://edition.cnn.com/2013/05/06/travel/japan-kumano-kodo-hike/index.html
取材・撮影にご協力いただいた各受け入れ先の方々に、心よりお礼を申し上げます。

posted by ビューロースタッフ at 00:00| 取材対応(海外メディア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事