2013年04月05日

日本交通公社視察対応

2013年3月26日、公益財団法人日本交通公社の職員2名が、田辺市熊野ツーリズムビューローの海外向けプロモーションの概要と、外国人観光客の受け入れ体制の視察に訪れました。

2013.03.26-jtb-meeting.jpg

公益財団日本交通公社は、旅行・観光分野を専門とし、自主研究や自主事業、旅行者や観光地の動向に関するデータの収集・分析などを行う調査研究機関です。
プロモーション事業部長のブラッド・トウルが、2012年10月にオーストラリアで開催された「第20回グローバル・エコ・アジア太平洋観光会議」に出席した際、今回視察に訪れた日本交通公社の担当者と意見交換を行ったことがきっかけで、当地に興味を持っていただいたようです。

訪問前に、現場で起きた変化や進化に関する具体的なエピソードをできるだけ多く集めて帰り、外国人旅行者受け入れのノウハウにとどまらない、地域主体の観光振興の在り方や、100年先を見据えた持続可能な観光地づくりのヒントとなるものを見つけたいと意気込みを語っていた一行は、プロモーション事業部長のブラッド・トウルを取材した後、外国人観光客受け入れ態勢強化の一環として当ビューローが地域の事業者向けに実施したワークショップを機に、外国人旅行者の積極的な受け入れを開始した宿泊施設に聞き取りを行った他、世界文化遺産登録の核心地域である田辺市本宮町を訪れ、当ビューロー発足後の客層の変化や、観光事業者や地域の人々の受け入れ態勢の変化などについて、世界遺産熊野本宮館の館長に取材を行いました。

視察を終えた日本交通公社の方からは、日本各地のインバウンドの取り組みに大変参考になるものだった、ビューローと地域のみなさんの関係が素晴らしい、と大変ありがたいお褒めのお言葉をいただきました。
これまで意識を共有して取り組んでいただいた地域や行政の皆さまのお蔭だと感謝するとともに、今後も新規事業の着地型旅行業などを通じ、さらに地域に貢献できるよう尽力して参りたいと考えております。


posted by ビューロースタッフ at 13:48| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

阿寒観光協会視察対応

2013年3月25日、北海道釧路市より、阿寒観光協会の方2名が田辺市熊野ツーリズムビューローの視察に訪れました。

2013.03.25-akan.JPG

当ビューローから、田辺市の観光やビューローの活動状況、特にインバウンド事業について説明を行った他、阿寒観光協会の方々からは、今後海外の旅行者を呼び込むための取り組みや、地域・行政との連携、広域連携などについて質問が出され、活発な意見交換の場となりました。

その後、湯の峰温泉の民宿で一泊した一行は、外国人旅行者対応について聞き取りを行い、語り部のご案内による発心門王子〜熊野本宮大社間の熊野古道ウォークを体験した他、田辺市街地においても、外国人旅行者の受け入れに積極的な飲食店を訪問し、非常に充実した視察になったとの感想を寄せていただきました。

当ビューローでは、今後も積極的にこのような視察を受入れ、他府県・他市町村の状況をお伺いする中で、今後の活動に役立てていきたいと考えています。

posted by ビューロースタッフ at 18:09| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

丹波篠山観光協会視察対応

2月21日、兵庫県篠山市より丹波篠山観光協会の方々33名が田辺市を訪れ、当ビューローを視察しました。

s-DSC_9172.jpg

当ビューローから、田辺市の観光の概要や、ビューローの活動状況、主にプロモーション事業と DMC事業「着地型旅行事業」等について説明を行なった他、丹波篠山観光協会の方々からは、着地型旅行業を始めるに当たっての「資金運用」や「行政との連携」、「地元旅行会社との関係」等について質問が出され、有意義な意見交換の場となりました。

当ビューローでは、今後も積極的にこのような視察を受入れ、他府県・他市町村の状況をお伺いする中で、今後の活動に役立てていきたいと考えています。
posted by ビューロースタッフ at 11:03| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

中国山東省政府旅遊局視察対応

2010年1月29日、中国山東省旅遊局長・観光局長を含めた山東省政府関係者と、中国のマスコミや旅行会社の総勢26名が、山東省の観光PR及び視察のため和歌山県を訪れ、田辺市域では世界遺産・熊野本宮館と熊野本宮大社を視察し、県の随行の方とともに、ビューローがアテンド及び通訳補助を担当させていただきました。
世界遺産・熊野本宮館にて松本館長より説明を受けた一行は、次に語り部の坂本会長の案内で熊野古道関連の展示物を見学し、質疑が行われました。       

s-R0017538.jpg

その後、熊野本宮大社にて宮司の方のお話を伺い、熊野本宮大社の風格ある佇まいと静謐な雰囲気に、一行から賛辞の声が上がりました。

s-R0017546.jpg

長引く世界的な不況で、海外からの観光客が減少しつつある近年においても、中華圏からの旅行者やマスコミ取材は増加傾向にあります。
県下の市町村に多数の友好提携先を持つ山東省政府関係者の視察が、中国人旅行者のさらなる増加に繋がることを期待しています。
posted by ビューロースタッフ at 11:09| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

中津川市観光協会視察研修

20090317nakatsugawa.jpg
3月17日、中津川市から中津川市観光協会など関係者7名が、田辺市熊野ツーリズムビューローの視察のため田辺にいらっしゃいました。

浦野事務局長がパワーポイントを使ってビューローの設立経緯や活動内容について説明し、その後、質疑応答が行われました。

ビューローのホームページでの情報発信や外国人の観光客の受け入れなどの活動に特に興味を持っていただいたようで、今後の参考にしたいと話してくれました。
posted by ビューロースタッフ at 13:23| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

三重県志摩市議会視察

2009.01.23Shimagikai.jpg

1月23日、三重県志摩市議会の関係者の方々8名が田辺市熊野ツーリズムビューローや田辺観光協会の組織の視察で田辺市にいらっしゃいました。
田辺市の観光事業やビューローの取り組みについて説明した後、各観光協会事務局担当者が、各協会の取り組みについて説明しました。

各観光協会やビューローの活動内容に大変興味を持っていただき、質問もたくさん出て、活発な意見交換をすることができました。
posted by ビューロースタッフ at 17:13| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

東京都荒川区議会視察

荒川区議会視察写真-1.jpg
11月18日〜19日の二日間、東京都荒川区から区議会関係者方々11名が田辺市の観光振興等についての視察のため、田辺市に来られました。

1日目の研修では、和歌山県世界遺産センター訪問と三軒茶屋から本宮大社までの熊野古道を歩いていただきました。
2日目の研修では、田辺市役所で田辺市観光振興課長が田辺市の観光振興の取り組みについて、ビューローの事務局長がビューローの設立経緯や活動状況について説明をしました。

外国人の観光客の受け入れなど、関心を持っていただいたようで、説明後の質疑応答では英語を話せなくてもコミュニケーションができるコミュニケーションツールの具体的な活用方法などの質問が出ました。
荒川区内にある「熊野前」地域の名は、熊野地域に由来しているそうです。大変関係が深い田辺市とビューローの取り組みを今後の参考にしたいとコメントをいただきました。
posted by ビューロースタッフ at 11:59| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

中津川市から“熊野古道”視察研修

2008.11.05nakatsugawa.jpg
11月5日、岐阜県中津川市から市長と中津川市観光協会係者総勢18名が世界遺産“熊野古道”の観光地である田辺の取り組みについて視察に来られました。


1日目の研修では真砂市長の挨拶に続き、田辺市観光振興課長が田辺市の観光事業について、浦野事務局長が田辺市熊野ツーリズムビューローの設立経緯や活動内容などについて説明しました。皆さん、熊野古道や先月田辺市で開催された第10回国際合気道大会中の田辺市の様子などに関心を寄せておられました。

2日目の研修では、実際に語り部と一緒に発心門王子から本宮大社まで歩いて体験していただきました。田辺市の魅力を感じていただけた研修となったことを願っております。


posted by ビューロースタッフ at 17:58| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

日進市議会から議員視察

2月7日、愛知県日進市議会から議員の方々が視察のため田辺にいらっしゃいました。
田辺市の丸山観光振興係長とビューローの赤木主任がプレゼンテーションの形で対応し、田辺市の観光施策、田辺市熊野ツーリズムビューローの設立経緯や、各種事業実施状況等について説明しました。
中でも国際観光推進業務や持続可能な観光地づくりに興味を持っていただいたようで、熱心な質疑をいただきました。今回の視察が日進市の発展に少しでもお役に立てればと思います。

2008.01.04 aichishisatsu.jpg
posted by ビューロースタッフ at 14:32| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

スペインサンティアゴの観光局 熊野古道を調査(2007/6/24〜6/26)

参詣道として熊野古道と共に世界文化遺産として登録されている、スペイン・サンティアゴの観光局・プロモーション部長が6月24日から26日までの3日間、熊野古道中辺路ルートや熊野本宮大社など世界遺産の核心エリアを視察しました。
和歌山県文化国際課の依頼で、ツーリズムビューローが現地での解説や案内、語り部との交流会の通訳などを担当しました。

熊野への聖域の入口とされる滝尻王子や高原熊野神社、継桜王子などを車で立寄った後、本宮行政局内にオープンした世界遺産センターを視察。熊野古道メインコースでもある発心門王子から熊野本宮大社までの熊野古道約7キロメートルのコースを実際に歩き、自然と人間が共同で創り上げた熊野の文化的景観を体験してもらいました。
「熊野古道は、森の自然と宗教的な関わりが魅力。すばらしいところです」と、特徴ある熊野古道を高く評価していただいたものの、「熊野古道とマッチしないコンクリート施工された個所がありました。保存することが一番大切です」と、これからの景観づくりに役立つ辛口のご意見もいただきました。

翌日行われた語り部団体等との懇談会では、フレビア部長からサンティアゴの取組みやガイドのシステムについて説明を受けた後、「伏拝王子とサンティアゴの歓喜の丘は、シチュエィションがとても似ている。お互いが協力してプロモーションを行う価値が十分あるのでは…」と熊野古道を歩いた感想も話してくれました。その後、地元の語り部と古道標識のあり方やガイドのテクニックなどについて熱心に意見交換や情報交換が行われました。
今回の交流がきっかけに、サンティアゴ市との良いお付き合いが生まれることを期待しています。


視察の様子法螺貝体験:伏拝王子で
視察の様子古道ウォーク:水呑王子〜伏拝王子間の熊野古道で
posted by ビューロースタッフ at 13:13| 視察対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。