2013年02月13日

台湾メディア『行遍天下旅遊月刊』が和歌山県ファムトリップに参加

2013年2月6日(水)〜8日(金)、和歌山県・奈良県が共同で実施した平成24年度ビジット・ジャパン地方連携事業「東アジアと関西とのゆかりを活用した観光プロモーション」の一環で、台湾の大手旅行雑誌『行遍天下旅遊月刊』の記者1名、カメラマン1名、モデル2名が和歌山県ファムトリップに参加しました。
一行は、田辺市、白浜町、和歌山市など各地を訪問し、和歌山県の随行者1名、通訳案内士1名とともに、田辺市熊野ツーリズムビューローのアジア担当が田辺市域の現地サポート・通訳補助を担当しました。

DSCN1672.jpg


DSCN1650.jpg


『行遍天下旅遊月刊』は、発行部数8万部を誇る台湾でも有数の旅行雑誌で、台湾内外の旅行情報を掲載しています。
一行は、まず田辺市本宮町を訪れ、昼食シーンの撮影と、今年1月にリニューアルオープンした世界遺産熊野本宮館の見学を行った他、熊野本宮語り部の会語り部の案内で伏拝王子〜三軒茶屋間をウォーキングし、熊野本宮大社を取材しました。出発前に降っていた雨も、その後は一日中好天に恵まれ、雨上がりに潤いを取り戻して緑が濃くなった杉林の中で、古道ウォークを満喫していただくことができました。また、熊野本宮大社では、神職の方から大社の歴史や信仰について、非常に分かりやすく丁寧な説明を受けました。

DSCN1722.jpg

DSCN1792.jpg

カップルに扮したモデル2名がそれぞれ女性用の壺装束、男性用の狩衣を着用し、大斎原で平安衣装体験の撮影を行った後、その夜は川湯温泉の旅館冨士屋に宿泊し、冬の風物詩である仙人風呂の体験取材と、明くる日は湯の峰温泉の世界遺産・つぼ湯や、湯筒での温泉卵づくりの取材を行いました。

DSCN1815.jpg

台湾の若手モデルを起用した今回の特集記事は、和歌山県・奈良県でそれぞれ15ページの「カップルで巡る旅」を提案する誌面となる予定です。また、この特集記事を活用して各1万部の和歌山・奈良ガイドブックを作成し、台湾の旅行会社を対象に配布し、和歌山・奈良への誘客を促進する予定です。
若手モデル2名はまるで本当のカップルであるかのように可愛らしく、微笑ましい撮影現場となりました。多くの台湾人旅行者に、当地の魅力が伝わるような内容になればと期待しています。


posted by ビューロースタッフ at 13:42| 取材対応(海外メディア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。