2013年08月05日

東南アジア諸国連合観光連盟(ASEANTA)国際会議の商談会及びファムトリップ

7月28日(日)〜8月1日(木)、和歌山県が東南アジア諸国連合観光連盟(ASEANTA)国際会議を招致し、全体会議、 県内観光関連事業者との商談会、 県内観光地の視察等を行いました。

ASEANTAは東南アジア10か国の観光関連団体から構成される団体で、 ASEAN域内の観光情報の交換や市場動向の調査、 あるいは今後の組織の方向性等を議論するために年に数回国際会議を開催しています。
第2回目の日本開催となる今回は、東南アジアの主要な旅行会社やホテル、航空会社など、観光関連企業・団体の代表者約25人が参加し、白浜町のホテルシーモアで会議を行いました。
また、これに合わせて開催された7月29日(月)の歓迎ディナーでは、仁坂県知事自らが和歌山県の魅力をPRし、続いて行われた7月30日の県内観光関連事業者との商談会、及び7月31日のファムトリップでは、田辺市熊野ツーリズムビューローの各担当者が世界遺産・熊野古道、良質の温泉などの当地の魅力と、県内南部の主要観光地についてご案内しました。

s-IMG_3297m.jpg

2013.08.02ASEANTA holds meeting in Wakayama at Shirahama Onsen.jpg

東南アジアからの訪日客は増加傾向にあり、シンガポールやタイなど東南アジア地域からの少人数グループや夫婦、女性のひとり旅で、熊野古道ウォークを楽しんだり紀伊半島を周遊したりするお客様のご予約も増加しております。
今後もこのような機会を通じて、地元の着地型旅行会社ならではのきめ細やかな情報発信とサービス提供に努め、さらに多くのお客様に質の高い南紀旅行を楽しんでいただけるよう尽力していきたいと考えています。
posted by ビューロースタッフ at 00:00| (モニター/エージェント/プレス)ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。