2013年05月29日

「Wakayama Food and World Heritage Seminar」に参加 

2013年5月7日、オーストラリアで開催されたセミナー「Wakayama Food and World Heritage Seminar」に、田辺市熊野ツーリズムビューローのプロモーション事業部長、ブラッド・トウルが参加しました。

シドニーのホテルで開催された同セミナーは、和歌山県の世界遺産を中心とする旅行地や食の魅力を広く知ってもらおうと和歌山県が主催したもので、現地の旅行業者やメディア関係者など約100名が参加しました。

2013.05.07-Australia-Kumano.jpg

冒頭で、和歌山県の仁坂知事が世界遺産や食などの和歌山県の多彩な魅力についてスピーチを行った後、当事務局は熊野のプレゼンテーションを担当し、世界遺産・熊野古道や、日本の精神文化の原点であり今も古き良き日本の伝統文化が暮らしの中に息づいている当地の素晴らしさ、良質で多種多様な温泉、山海の幸が楽しめる食、外国人対応実績などを紹介しました。
また高野山のプレゼンテーションでは、真言宗総本山金剛峯寺の僧侶が阿字観のデモンストレーションを披露するなど、参加者には高野・熊野の神秘的な雰囲気を味わっていただけたかと思います。
食の部門では、県内の各参加事業者が、特産の紀州梅や梅酒、発祥の地ならではの醤油、伝統の製法で醸造されたお酢などを紹介し、和歌山県の豊かな食の魅力をアピールしました。

オーストラリアから和歌山県や熊野を訪れる旅行者は劇的に増加しており、今後もさらに多くのオーストラリア旅行者に当地の旅行を楽しんでいただけるよう、効果的な情報発信と魅力ある旅行商品造成に尽力したいと考えています。
posted by ビューロースタッフ at 10:52| シンポジウム・研究会・講演会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。