2012年09月28日

田辺市・十津川村がJATA旅博2012に共同出展

2012年9月21日〜23日、国際展示場「東京ビッグサイト」にて開催されたイベント『JATA旅博2012』に、田辺市熊野ツーリズムビューローと、田辺市と奈良県十津川村で構成する「聖地熊野を核とした癒しと蘇りの観光圏協議会」が共同出展し、田辺市や十津川村、龍神観光協会の担当者らとともにビューローのスタッフが参加しました。

3日間で、およそ126,000人が来場した同イベントは、アジア最大級の旅の祭典というだけあって、世界各国の豪華なブースと、来場された日本全国の旅好きの方々の活気に満ちていました。
私達も、平安衣装やご当地のゆるきゃらでブースを盛り上げ、ステージイベント出演や、ブースにお立ち寄りいただいた国内外のお客様に熊野古道や良質の温泉などのPRを行った他、隣で設営していた和歌山県のブースへ商談に訪れた海外エージェントに対して、熊野エリアの旅行商品のご提案などを行いました。

P1020592.jpg


和歌山県や奈良県十津川村と連携し、広域でPRを行うことで、効果的に観光情報を発信できたのではと思います。
今後もこのような活動を通じ、お客様に直接熊野の魅力を伝えていければと考えております。

posted by ビューロースタッフ at 17:24| 観光展・PR・商談会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

関西地域振興財団「東アジア・東南アジア合同関西大商談会」に参加

2012年9月4日、関西の観光の魅力PRと関西への旅行商品造成、誘客促進を目的として、関西地域振興財団主催で実施された「東アジア・東南アジア合同関西大商談会」に参加しました。

DSCN8526m.jpg

大阪国際会議場で行われた商談会では、東アジア・東南アジアから招へいされた33社33名の旅行エージェントのバイヤーと、関西圏から参加した多くのセラーが、各ブース12分という短い時間の中で、通訳を介して真剣に商談を重ねていました。また、その後のプレゼンテーションでは、各国の旅行会社代表者が自国の観光動向や、関西圏への誘客を促進するための課題や対策について意見を述べました。

田辺市熊野ツーリズムビューローからはアジア担当スタッフが参加し、事前に配布された各参加エージェントの要望に基づいて、FIT(外国の個人旅行者)や富裕層・高級ツアーを取り扱う台湾・韓国・中国などの旅行会社を主な対象に、世界遺産・熊野古道や、日本の精神文化の原点であり今も古き良き日本の伝統文化が暮らしの中に息づいている当地の素晴らしさ、良質で多種多様な温泉、山海の幸が楽しめる食、多言語ツールを初めとする外国人対応実績などをPRしたところ、テーマ性のある旅行商品に組み入れるための観光素材や、歴史・文化に触れる旅を希望する個人旅行者向けに推薦できる素材を求める旅行会社の好評を博しました。何より複数の旅行会社で、担当者自身がぜひ訪れてみたいと言ってくださったのが印象的でした。

またこれまで、主に公共交通を利用する個人旅行者に対して、紀伊半島内のお得な移動手段がないことがネックになっていましたが、和歌山県が主体となって販売を開始し、田辺市熊野ツーリズムビューローのインターネット予約サイト「熊野トラベル」でもネット販売を行っているお得な周遊パス「Kansai Wakayama Pass(W-Pass)」をお薦めしたところ、複数の旅行会社に興味を持っていただき、今後の販売に積極的な姿勢を見せてくださった旅行会社もありました。

DSCN8541m.jpg

今年の春以降、震災や台風の影響で落ち込んでいた欧米豪からの個人旅行客が好調な戻り傾向にあり、またアジア圏からも、少人数グループや女性のひとり旅で熊野古道を歩くお客様のご予約が少しずつ増加しています。
今後もこのような機会を通じて地道に田辺市や和歌山県をPRし、まずは旅行会社の担当者が当地のファンになっていただき、自国のお客様に対して自信を持ってお薦めしていただけるよう、引き続き情報発信に努めていきたいと考えています。

posted by ビューロースタッフ at 11:21| 観光展・PR・商談会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

平成24年度環境省「エコツーリズム推進アドバイザー」に就任

田辺市熊野ツーリズムビューロープロモーション事業部部長のブラッド・トウルが、環境省の平成24年度「エコツーリズム推進アドバイザー」に就任しました。

2012.12.12Bureau staff was registered one of the people of ecotourism advisor.jpg

環境省による「エコツーリズム推進アドバイザー」事業は、エコツーリズムに取り組む地域に対して、専門知識や取組経験を有する外部アドバイザーが助言や指導を行うことで、地域毎の個別の状況や課題の解決に向けた支援を行うことを目的としています。

具体的な内容としては、アドバイザーであるブラッド・トウルが各地域に赴き、田辺市熊野ツーリズムビューローの取り組みの一環である、外国人旅行者の視点を重視した地域の魅力の発信、外国人旅行者の受入体制の構築・意識啓発、保存・保全を軸とする、地域に根差した観光地のための意識啓発などに関する講演やワークショップの実施、意見交換などを行います。

平成24年度アドバイザー派遣の申込み締切は2012年9月26日まで、財団法人日本交通公社内「エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業」事務局で受け付けています。
詳細は、下記参考URLをご参照ください。

【参考URL】

○ 環境省自然環境局・エコツーリズムのススメ
 公式ホームページ  http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/try-ecotourism/index.html


posted by ビューロースタッフ at 00:00| シンポジウム・研究会・講演会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。